Category

Blog

評価を受けること

ここ一年くらい、SNSでは繋がっている友人や知り合いに久しぶりに会ったりすると、 「活躍してるね!」なんて言ってもらえて、ありがたいな〜と思う一方で自分の実感とはかけ離れていてリアクションに困ることがある。   『ヴェルニ』を完成させた後の一年は、46分の中編という尺の微妙さで応募できる映画祭は限られていたものの、とにかく応募しまくった結果どこにも引っかからなかった。(昨年にありがたいことにふたつの映画祭で上映、受賞となったのですが)   当時はひとつひとつの結果に落ち込んでいたし、学校の修了制作ではあったけれどいろんな人に大したお礼もできず協力してもらったので、良い子ぶるわけではなくただただ申し訳ないのと自分への不甲斐なさもあって、その後なかなか次の映画へ気持ちが向かわなかった。   今考えれば初めて撮ったのになに言ってんだ、大事なのはそこじゃないだろうと思うけれど、当時25歳、きっと自意識が高すぎたのでしょう。   そして『いとしいひと』は予算、規模や尺も区切った中でさあなにをやろう、という感じで撮ったので撮影時以外はそこまでプレッシャーもなく完成させたのですが、結果的にいくつか映画祭で上映してもらったり賞をもらえたり、自分で上映イベントを開催できたりして、普段FBにあまり書き込まないわたしもちょくちょく投稿する機会が増えたので、わかりやすく「活躍している」ように見えたのだと思う。   がしかし、その裏には入選できた数の数倍の映画祭に落選しているし、その過程でけちょんけちょんに言われたりもしているので「活躍している」という言葉につい「いやいやそんなことはないんですよ」と自虐なのか自衛なのか反応してしまったりしていた。 がしかしそれって相手も困るよな、と思うし最近はもっと素直に喜んでいいことなのに卑屈すぎるんじゃないかと、ただ「ありがとう」と返すようにしている。     最近もとある選考(調べればわかるけどなんとなく伏せておきます…笑)に脚本を応募して一次審査は通ったものの二次審査で落選してしまい、そこで評価されるということについて自分がどう向き合い、どう向き合わないかについて考えてみたり。 課題の上映で自分がやらかした……!という自覚があったので、悔しくはあるけど割と気持ちの切り替えは早かった。 (とはいえ当日は落ち込みすぎて、帰り道に寄ったはじめてのGINZA SIXを挙動不審に歩き回っていたけれど)   最近はこういうことにも昔よりは慣れて、いや慣れというよりは一喜一憂してると身が持たないからある程度落ち込んだらどうにか回復させようと自分をあげていこうとするクセがついた。   映画だけじゃないと思うけど、 「作品を評価される=自分の根底を評価される」 という感覚があって、例えば学校の成績、仕事の達成度とかとはまるで別物な打撃があります。 (だからといって学校、仕事よりも映画のほうが偉いとかそういうことではないです)   もちろん評価されるために映画を撮っているわけではないし、やりたいことがあって、表現したいなにかがあって撮っているけれど、それがちゃんと自分が思ったように表現できているのか、他者に響いているのか、そしてそもそも面白いのかというのはどうやったって他者の目に委ねるところが大きく、意識せざるをえない。   いいこともそうじゃないことでも、自分の糧になることを言ってくれる人はいるし、 中には自分を高みに置いてただディスりたいだけだったり、お門違いのことを言ってくる人もいるので、 どこまで人の意見や評価を取り入れ、無視するかはとにかく続けていかないと見極めはむずかしいのかもしれない。   ただあまりに気にしすぎるともう次に向かえなくなってやめてしまったり、他人の目が気になって人間不信やうつっぽくなってしまったりするので、人から高ダメージなことを言われたときは信頼できる自分の味方とお酒飲みながら言ってきた人を罵倒したりして忘れてしまえばいいと思う。   最近、活躍してる40代のディレクターの人に 「人から悪い評価を受けたときどうしてますか?」って質問したら、 「めちゃくちゃ落ち込むけど、スナックでカラオケして忘れる」と言っていた。   きっとわたしも少しずつ浮上させる術を装備していっても、揺るがない経験を積んでも、「評価を気にしない」という日はそうそうやってこないんじゃないかな。   お酒を飲んでも、思いきり歌っても、美味しいもの食べても、なかなか完全には忘れられないし、 次なにかやるときにそれを一瞬思い出して、それを回避しようとしてもいいし、また同じ方法を試みてもいいし自分で考え行動することが重要なのかな、なんて思います。   こういう話題になると人はついつい答えとか解決方法がほしくなって、 「人と自分を比べない」「他者軸で生きない」 とかいう最近流行りの言葉についつい熱をあげてしまったりする。 私もnaverまとめで悩みを検索→名言で自分を鼓舞!というお決まりルーティーンを何度繰り返したことでしょう……。(遠い目)   個人的に『嫌われる勇気』ダイアモンド社 岸見 一郎 (著), 古賀 史健 ...
0 comments

打倒!クソバイザー

ここ数日高熱を出して寝込んでいたのですが、その原因は…...   どうでもいい人にクソバイスを浴びせられたからだ、と勝手に断定しています。   そもそもこの「クソバイス」という言葉、私は知らなかったんですがみなさまご存知でしょうか。 コラムニスト、エッセイストである犬山紙子さんがそのご著書、 『言ってはいけないクソバイス』(ポプラ社)にて編み出した言葉のようです。  ではクソバイスとはいったいなんなのか。     クソバイス:クソみたいなアドバイス     まんまだけど、うまいですね。 わかりやすく、使いやすい。     あなたも言われてor言っていませんか? クソみたいなアドバイス!  クソバイスとは? 求めていないのに繰り出される、クソみたいなアドバイスのこと。 相手のためを思って言っているようで、実は上から目線で持論を押し付けているだけのことが多い。 なお、クソバイスすると大変気持ちが良い。 「仕事ばかりしてると婚期逃すよ」 「本当の恋したことないんでしょ? だから彼氏と長続きしないんだよ」 「え? 男なのに軽(自動車)乗ってるの?」 「若いんだからもっと何事にも積極的になりなさい」 男女間で、女同士で、職場や学校や家族内で…… どんな関係性でも発生しうるクソバイス。 引用:Amazon 『言ってはいけないクソバイス』内容紹介   あるよね。まーあるよね。週3回くらいは受けているような気がする。 20代から30代の女性は特に言われやすい立場でもあることも事実かと思います。 私の実経験上、クソバイザーは40代以上の中年男性にもっとも多いかと思うのですが、 彼らが標的にしやすいのがまさに社会人になったばかり~30代の女性。   逆にここに書いてあるような女性が言うようなことは、私はあんまり受けることがないです。 男性の場合、初対面でもあーだこーだとクソバイスしてくることもあるけど、女性の場合はある程度関係性が近づいてからじゃないとそうならない気が。 個人的には女性のほうが用心しやすい、流しやすいのであまり気に留めていないのかもしれません。   クソバイスは、アドバイスの形をとっているからたちが悪い。 だいたいのことは心の中で「余計なお世話だよ」「だまれうざい死ね」もしくは 「そんなこと言ってるからモテないんだよ」と突っ込みたくなることでしょう。   そしてなぜこの人はこんなしょうもないことばっかり言っているのに自信満々なのか、 会って間もない、そしてなんの興味もないこの人になぜ上から目線で言われなきゃいけないのか、 あなたはそんなことをまったく理解もできず、かといって人の言うことにまともにダメージを食らってしまい そのもやもやを翌日まで、ひょっとすると一週間くらい引きずってしまうかもしれません。   実際私もばかまじめにその言葉の暴力にダメージを受けて高熱まで出しました。(と思っている) 人の悪意ってそれだけのパワーがある。   こんなクソバイザーに遭遇したときどうすればいいのか。 そしてクソバイザーをつけあがらせないためにはどうすればいいのだろうか。   友人に相談したところ、 クソバイス返しする ブロックする(近づいてきたら追い返す) 「それクソバイスっていうんですよ」とにっこり笑う ...
0 comments

このサイトのテーマ “calafate”について

コンタクトフォームのエラーに関連して、サイトの制作についてちょこっと書いてみようと思います。   このサイトはEnvato Marketで購入したcalafateというテーマをつかって自作したのですが、 Web制作ノー知識な上、日本語非対応ですべて英語での説明なため現在までなかなか苦戦しています。。。     calafate自体はすっきりおしゃれで使いやすいのですが、説明書を読まないという持ち前のぐーたらさで勘でページつくったり、適当にググってプラグイン入れてしまったせいで 重い、リロードしないと表示されない等々の問題をちょくちょく引き起こしています。   言うことは聞くもんですね。トホホ。。       なぜわざわざこんな思いまでして、しかも無料のテーマがたくさんある中、$69(約8000円)まで出してこのテーマを買ったかというと......   最初は無料だったり、日本語でわかりやすいデザインから探していたのですがぜんぶ同じに見えてなんだかしっくりこなくて、   そんなときにEnvato ...
0 comments
Share
...

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!