打倒!クソバイザー

ここ数日高熱を出して寝込んでいたのですが、その原因は……

 

どうでもいい人にクソバイスを浴びせられたからだ、と勝手に断定しています。

 

そもそもこの「クソバイス」という言葉、私は知らなかったんですがみなさまご存知でしょうか。

コラムニスト、エッセイストである犬山紙子さんがそのご著書、

『言ってはいけないクソバイス』(ポプラ社)にて編み出した言葉のようです。

 ではクソバイスとはいったいなんなのか。

 

 

クソバイス:クソみたいなアドバイス

 

 

まんまだけど、うまいですね。

わかりやすく、使いやすい。

 

 

あなたも言われてor言っていませんか?

クソみたいなアドバイス! 

クソバイスとは?

求めていないのに繰り出される、クソみたいなアドバイスのこと。

相手のためを思って言っているようで、実は上から目線で持論を押し付けているだけのことが多い。

なお、クソバイスすると大変気持ちが良い。

「仕事ばかりしてると婚期逃すよ」

「本当の恋したことないんでしょ? だから彼氏と長続きしないんだよ」

「え? 男なのに軽(自動車)乗ってるの?」

「若いんだからもっと何事にも積極的になりなさい」

男女間で、女同士で、職場や学校や家族内で……

どんな関係性でも発生しうるクソバイス。

引用:Amazon 『言ってはいけないクソバイス』内容紹介

 

あるよね。まーあるよね。週3回くらいは受けているような気がする。

20代から30代の女性は特に言われやすい立場でもあることも事実かと思います。

私の実経験上、クソバイザーは40代以上の中年男性にもっとも多いかと思うのですが、

彼らが標的にしやすいのがまさに社会人になったばかり~30代の女性。

 

逆にここに書いてあるような女性が言うようなことは、私はあんまり受けることがないです。

男性の場合、初対面でもあーだこーだとクソバイスしてくることもあるけど、女性の場合はある程度関係性が近づいてからじゃないとそうならない気が。

個人的には女性のほうが用心しやすい、流しやすいのであまり気に留めていないのかもしれません。

 

クソバイスは、アドバイスの形をとっているからたちが悪い。

だいたいのことは心の中で「余計なお世話だよ」「だまれうざい死ね」もしくは

「そんなこと言ってるからモテないんだよ」と突っ込みたくなることでしょう。

 

そしてなぜこの人はこんなしょうもないことばっかり言っているのに自信満々なのか、

会って間もない、そしてなんの興味もないこの人になぜ上から目線で言われなきゃいけないのか、

あなたはそんなことをまったく理解もできず、かといって人の言うことにまともにダメージを食らってしまい
そのもやもやを翌日まで、ひょっとすると一週間くらい引きずってしまうかもしれません。

 

実際私もばかまじめにその言葉の暴力にダメージを受けて高熱まで出しました。(と思っている)

人の悪意ってそれだけのパワーがある。

 

こんなクソバイザーに遭遇したときどうすればいいのか。

そしてクソバイザーをつけあがらせないためにはどうすればいいのだろうか。

 

友人に相談したところ、

  1. クソバイス返しする

  2. ブロックする(近づいてきたら追い返す)

  3. 「それクソバイスっていうんですよ」とにっこり笑う

でいいんじゃない?と。

 

※私の場合はまた会うかもしれないけど個人的にはその人との繋がりがなくなってもまったく困らないという状況なので、仕事上だったり付き合いだったりで関係性が切れない場合にはさらなる戦略が必要かもしれません

 

が、普段社会的には当たり障りなーくにこにこしてる私のようないい顔しいの人間にはそれはそんなに容易なことではなく、他人にケンカをふっかけるというのは、心の中で「やるぞ…わたしはやるんだ…」必死で念じて1週間分くらいの勇気を振り絞る一台イベントです……(ドキドキ)

 

 

果たして私に「打倒!クソバイス」は実行できるのか!

乞うご期待!

 

 

おわり

Comment

CAPTCHA


This post doesn't have any comment. Be the first one!

hide comments
Share
...

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!