俺じゃダメか?

あまりのじれったさにむずむずしたり

何度すれちがえば気がすむんだー!と心の中で(ときには声にだして)叫びつつ、

3回観ててものめりこんでしまった『あすなろ白書』。

最終回のなるみ(石田ひかり)のモノローグが瑞々しくて切なくて、大人になった今だからこそここまで響くのかもしれないけど、声も台詞もすごくいい。

以下引用。

もう君たちは忘れてしまっただろうか

あの頃の風景を

あのときの風のにおいを

あの頃の光の騒めきを

やがてぼくたちは忘れてしまうんだろうか

こんなにも真剣に怒ったり 迷ったり 泣いたり 傷つけたりしても

やがて 時が経てば笑って思い返して

そしてそのうち思い返すこともなくなるんだろうか

だけどそのとき

たしかにわたしはそこにいた

あなたの人生の中で

あなたはいつもヒロインとして輝き続ける

人生という名の物語は

これからも続いていく

そして

ぼくたちは

生き続ける

このモノローグの中にこの物語の純粋さとか、寂しさとか、命とか、そういうこと全部詰まっている気がして。

それにしてもこの頃の木村拓哉(取手役)はものすごーーーーくかっこいい。

視線にやられる。

おもしろいラブストーリー、青春ものって、脇役の人が輝くようにつくられていて、作者も本当に好きなのは脇役の人なんだろうな〜って勝手に思う。
『天使なんかじゃない』とか『FRIENDS』とかね。(どちらも主役大好きだけど)

わたしが『あすなろ白書』でいちばん好きなのは星香だな。

おわり。

Comment

CAPTCHA


This post doesn't have any comment. Be the first one!

hide comments
Share
...

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!