Category

Film

評価を受けること

ここ一年くらい、SNSでは繋がっている友人や知り合いに久しぶりに会ったりすると、 「活躍してるね!」なんて言ってもらえて、ありがたいな〜と思う一方で自分の実感とはかけ離れていてリアクションに困ることがある。   『ヴェルニ』を完成させた後の一年は、46分の中編という尺の微妙さで応募できる映画祭は限られていたものの、とにかく応募しまくった結果どこにも引っかからなかった。(昨年にありがたいことにふたつの映画祭で上映、受賞となったのですが)   当時はひとつひとつの結果に落ち込んでいたし、学校の修了制作ではあったけれどいろんな人に大したお礼もできず協力してもらったので、良い子ぶるわけではなくただただ申し訳ないのと自分への不甲斐なさもあって、その後なかなか次の映画へ気持ちが向かわなかった。   今考えれば初めて撮ったのになに言ってんだ、大事なのはそこじゃないだろうと思うけれど、当時25歳、きっと自意識が高すぎたのでしょう。   そして『いとしいひと』は予算、規模や尺も区切った中でさあなにをやろう、という感じで撮ったので撮影時以外はそこまでプレッシャーもなく完成させたのですが、結果的にいくつか映画祭で上映してもらったり賞をもらえたり、自分で上映イベントを開催できたりして、普段FBにあまり書き込まないわたしもちょくちょく投稿する機会が増えたので、わかりやすく「活躍している」ように見えたのだと思う。   がしかし、その裏には入選できた数の数倍の映画祭に落選しているし、その過程でけちょんけちょんに言われたりもしているので「活躍している」という言葉につい「いやいやそんなことはないんですよ」と自虐なのか自衛なのか反応してしまったりしていた。 がしかしそれって相手も困るよな、と思うし最近はもっと素直に喜んでいいことなのに卑屈すぎるんじゃないかと、ただ「ありがとう」と返すようにしている。     最近もとある選考(調べればわかるけどなんとなく伏せておきます…笑)に脚本を応募して一次審査は通ったものの二次審査で落選してしまい、そこで評価されるということについて自分がどう向き合い、どう向き合わないかについて考えてみたり。 課題の上映で自分がやらかした……!という自覚があったので、悔しくはあるけど割と気持ちの切り替えは早かった。 (とはいえ当日は落ち込みすぎて、帰り道に寄ったはじめてのGINZA SIXを挙動不審に歩き回っていたけれど)   最近はこういうことにも昔よりは慣れて、いや慣れというよりは一喜一憂してると身が持たないからある程度落ち込んだらどうにか回復させようと自分をあげていこうとするクセがついた。   映画だけじゃないと思うけど、 「作品を評価される=自分の根底を評価される」 という感覚があって、例えば学校の成績、仕事の達成度とかとはまるで別物な打撃があります。 (だからといって学校、仕事よりも映画のほうが偉いとかそういうことではないです)   もちろん評価されるために映画を撮っているわけではないし、やりたいことがあって、表現したいなにかがあって撮っているけれど、それがちゃんと自分が思ったように表現できているのか、他者に響いているのか、そしてそもそも面白いのかというのはどうやったって他者の目に委ねるところが大きく、意識せざるをえない。   いいこともそうじゃないことでも、自分の糧になることを言ってくれる人はいるし、 中には自分を高みに置いてただディスりたいだけだったり、お門違いのことを言ってくる人もいるので、 どこまで人の意見や評価を取り入れ、無視するかはとにかく続けていかないと見極めはむずかしいのかもしれない。   ただあまりに気にしすぎるともう次に向かえなくなってやめてしまったり、他人の目が気になって人間不信やうつっぽくなってしまったりするので、人から高ダメージなことを言われたときは信頼できる自分の味方とお酒飲みながら言ってきた人を罵倒したりして忘れてしまえばいいと思う。   最近、活躍してる40代のディレクターの人に 「人から悪い評価を受けたときどうしてますか?」って質問したら、 「めちゃくちゃ落ち込むけど、スナックでカラオケして忘れる」と言っていた。   きっとわたしも少しずつ浮上させる術を装備していっても、揺るがない経験を積んでも、「評価を気にしない」という日はそうそうやってこないんじゃないかな。   お酒を飲んでも、思いきり歌っても、美味しいもの食べても、なかなか完全には忘れられないし、 次なにかやるときにそれを一瞬思い出して、それを回避しようとしてもいいし、また同じ方法を試みてもいいし自分で考え行動することが重要なのかな、なんて思います。   こういう話題になると人はついつい答えとか解決方法がほしくなって、 「人と自分を比べない」「他者軸で生きない」 とかいう最近流行りの言葉についつい熱をあげてしまったりする。 私もnaverまとめで悩みを検索→名言で自分を鼓舞!というお決まりルーティーンを何度繰り返したことでしょう……。(遠い目)   個人的に『嫌われる勇気』ダイアモンド社 岸見 一郎 (著), 古賀 史健 ...
0 comments

【いとしいひと】レインボーリールと大須にじいろ映画祭で上映!

こんにちは。またすっかり放置してしまいました。 なにをしていたかというと、イタリアに一人旅に行ったり、引っ越し先を探したり(大変だった…)、短編の脚本を書いたりしていました。 7月に入ったらいろんなことが落ち着きそうな、そうでもないような。   さて早速ですが、お知らせです。   監督作、『いとしいひと』が 第26回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~ のコンペティションで入選、上映されます!   日時:7/17 (月・祝) 16:00~ 場所:スパイラルホール(表参道)   当日は主演の上原剛史さんと登壇予定です! 初めてのLGBT、クィア系映画祭での上映、少しドキドキしながらも楽しみだなー!   当日は観客のみなさまからの投票でグランプリが決まるそうな。 ぜひ投票していただけたら嬉しいですq^;     映画祭自体は 2017年7月8日(土)-14日(金)  @シネマート新宿 ※夜間のみの開催 2017年7月14日(金)-17日(月・祝) @スパイラルホール(3F)   で世界各国から選ばれたおもしろそうな作品が上映されます。   個人的には   『アンダー・ハー・マウス』 『キキ―夜明けはまだ遠く―』 『マッド・メアリー』   が気になる。   チケットは下記の方法でご購入いただけます。 ■チケットぴあを通じて購入する 1回券(スパイラルホール上映回) 販売期間 ~7月11日(火)23:59 ■各会場・店舗などで直接購入する   http://rainbowreeltokyo.com/2017/program/rainbow_reel_competition2017     そしてもうひとつ。 地元名古屋の大須で開催される大須にじいろ映画祭でも『いとしいひと』が上映されます! 日時:8/19(土)、20(日) ●スケジュール  開場は上映時間の15分前の予定です。全席自由席、入替制 8/19(土)           14:00-15:30 Aプログラム 16:00-17:30 Bプログラム ★『いとしいひと』上映 18:00-20:00 交流パーティー 8/20(日) 15:00-16:30 Bプログラム★『いとしいひと』上映 17:00-18:30 Aプログラム  上映開始30分以上経過後の入場はお断りします。 ●鑑賞料 1作品1300円 予約特典1ドリンクつき(前日24時までの予約に限ります) ★チケットはありませんので、ネット予約、店頭、電話予約で受付けます。 ご予約はこちら。 http://theatercafe.blog.fc2.com/blog-entry-755.html   高校時代はよく大須の古着屋巡ったり、ごはん行ったりしていてまさに青春の地! 最近は帰省してもなかなか行く機会がないんだけど、街並み変わってるのかな〜   こちらもLGBT、クィア系の映画祭です。 名古屋の方、ぜひ観に行っていただけたら嬉しいです ...
0 comments

『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』

3月25日に公開した 『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』 ※以下ネタバレあり   監督:マイウェン(元女優でリュック・ベッソンの元妻!)   第68回カンヌ国際映画祭女優賞受賞。『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』から30年、 大人になったすべての女性たちに贈る――運命の再会を果たし、激しい恋に落ちた男と女の10年間の物語       『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』 雪山から物語は始まる。弁護士のトニー(エマニュエル・ベルコ)がスキーで怪我をし、そのリハビリの過程の中で10年前を振り返る。 弟(ルイ・ガレル)カップルと共に訪れたクラブで、かつて憧れを抱いていたジョルジオ(ヴァンサン・カッセル)と再会。二人はすぐに恋に落ちる。プレイボーイのジョルジオにトニーは不安を抱くが、トニーはジョルジオの不安を取り除くように全身で愛を伝える。「君の子供が欲しい」というジョルジオ。トニーは男児を妊娠し、二人はささやかな結婚式を挙げ幸福に包まれる。しかしそんな幸福な日々は長くは続かなかった。メンヘラの元カノのもとへ通ったり、勝手に自分用に近くのマンションを借りたり、浮気をしたり、悪気もないジョルジオにトニーは次第に疲弊し、怒りが爆発する。自殺未遂にまで至った彼女はジョルジオとの別れを決意するが、彼は逆上し脅迫までする。別れても別れても、苦しみ悶えながら二人は何度も引き寄せ合う。 傷を癒しながら激動の10年間を振り返るトニー。 思い出しながらあらすじを書いたので、順序間違っててもご勘弁を!   『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』 とにかくダメ男なジョルジオ。 それは登場シーンからすでにプンプン匂ってるんだけど、それでも抗えない魅力、色気があって、これはもう破滅しても好きになるしかない……!と思うくらいのいい男。 イケメン、金持ち、高身長、料理上手、、ととにかく全部兼ねそろえてます。   トニーも彼がモテるのはわかるから心配になったり、若くもなくそれほど美人でもない自分と彼の周りの女性を比べてしまったりするけど、彼はすぐにオフィシャルに彼女を人に紹介したり、「君は他の女とはちがう」と言ってくれたり…...次第に彼の誠実な愛を信じるトニー。   わかるよ、、、信じちゃうよね、こんな行動してくれたらさ。   弟のソラルは初めから、調子の良いジョルジオを好きになれなくてストッパーの役目を果たしてるんだけど、こんなシチュエーションのときだいたいその予見をしてくれるのは身近にいる男友達だったりすることが多い気がします。   彼女が始めは彼に強く言えずどんどん蓄積してって爆発しちゃったり、限界をこえて薬にどっぷりはまってしまったり、自殺未遂したり、裏切られたり、恫喝されたり、、、   印象的だったのが、トニーの目がまるで怪物でも見ているかのように、ジョルジオを見つめるシーン。 「……このひとなに言ってるの?」って自分の範疇をはるかに超える言動をしてくるとき、相手がまるで異世界のもののように見える瞬間を経験したことがあるので、共感とともにその演出に惹きつけられた。   そんな目に遭ってまで、愛する小さな息子までいるのに、なぜ彼女はドラッグ中毒の彼を断ち切ることができないのか。 バカじゃないの?と思う人もたくさんいるでしょう。   ふたりは、ふたりの形、方法で運命共同体として結び合っていて、周囲からは異常に見えてもその渦中にいた頃のふたりは、ある意味で幸せだったんだろうなと私は思う。健康的ではないけれど。離れても求め合い、傷つけあい、それでも惹きつけあう。 彼女たちはあの後どうなるんだろう。最後にはふたりはまた一緒になるんじゃないかと、私は想像した。 タイトルの"Mon ...
0 comments
Share
...

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!