タイトルなし

いろんなことを覚えていなくて、かなしいなぁと思う。

うれしいことも、くるしいことも

ありのままに、細部まで、覚えていられたらいいのにな。

 

写真とか、手紙とかはなんだか別の生き物みたいだ、と思う。

 

それはあの日々の延長線上ではなく、それ単体でうごめいているような。

 

いまのことも、これからのことも、ずっと覚えていられたらいい。

 

そんなすぐにかなわなくなるようなことを、ただ願ってみる。

 

 

 

なんて、最近あまりに書けないから酔っ払ってちょっと書き記してみたけど、

あとで後悔するのかな。まあ書かないよりはいいか。

Comment

CAPTCHA


This post doesn't have any comment. Be the first one!

hide comments
Share
...

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!