8月 2020

Month

下弦の月

なんだか思うように力が出ない。   空を見上げたら、下弦の月がうっすら光っていて   「月が満ちていないからか」と妙に納得した直後、 「狼か!」というツッコミを心の中で唱えた。   それはそうと、最近世間にはだいぶ遅れて人狼ゲームにハマっていて 30分時間があると人狼ジャッジメントを開いてしまう。   それなりの回数をこなしたものの、もともと極端に嘘が下手だからか 一向に上手くならない。   だれかとリアルでやってみたいな〜と思うものの 身近な人はぜんぜん興味を示してくれないし、   人狼スペースやオンライン会をリサーチしつつも 対人恐怖症気味な性質から 緊張して、騙ったり考察したりする余裕なんてないかもしれないと躊躇している。     だけど、ぜんぜん上手くならなくても 嘘を、嘘ってわかっているのって 嘘をついていたら、あるタイミングで一斉に「嘘でした」って明かすのって とても気持ちがいいことだな〜と思う。     現実もこうだったらいいのに。     小さな嘘ひとつやふたつついても、隠し通さなくてもいいやって思えたら みんな少しは楽になるんじゃないだろうか。   或いは大きな嘘でも。     久しぶりに矢沢あい先生の『下弦の月』が読みたくなった。   英語だと   "Waining ...
0 comments

Watermelon

暑くてもうどうにもならないね。 ついつい冷房の効いた部屋でカーテンを閉め切って、ささっと胃腸に優しいものを食べがちな今日この頃。 35度を超えたら、神様の「外に出ちゃだめだよ」っていうお触れなんじゃないかと思っているけど、 あまりにも太陽を浴びないと身体によくないらしいから、近所のプールに泳ぎに行くことにした。 今はコロナ感染予防で時間が区切られていて、そのぎりぎりの時間に着くように向かったものの、長蛇の列ができていた。 屋外のプールは珍しいからか子ども連ればかりで、ひとりで順番を待っていたら 係員の人に「3人ですね」って後ろの子供の母前提で急かされて、 「ひとりです」って言うのちょっと切なかったな〜。   プールってなんで水色に塗られているんだろう。   バンコク で泳いだプールは、底が星空みたいにキラキラしていてすごく綺麗だった。 風景とか、模様とかいろいろあったら面白いのにな。   泳ぐだけじゃひまだしね。     気付いたらもう8月も半ばで、わたしは最近久しぶりに真剣に音楽を聴いている。     「真剣に」というのは、 わざわざ夜(昼間じゃ集中できない)、自然の中に出向き、 ただ音楽を聴いている。   移動とか、読書とか、そういうのに託けないで、 ひたすら音楽に向き合っている。   高校生くらいまでは出逢った一曲一曲を 深く聴いて、調べて、考えて......ってしていたのに 特にサブスクが始まってからは多くの音楽を流すように聴くようになっていた。 アーティスト名すら調べないときもある。   情報量が多いからある程度は仕方ないにしても、 例えば小学生の頃スペシャやMTVやラジオで 貪るように聴き入っていた頃のほうが音楽が自分の身体に入ってくる深度が高くて それは年齢のせいで鈍感になっている部分も多分にあるとわかっているけれど   今はできるだけ深く深く浸かっていきたいなと思っている。     そんな中で今日のマイベストヒットは こんな真夏のシーズンにぴったりのこの曲!   (ジャジャンッ!)   Tom Rosenthal   "Watermelon"   "Watermelon Time(直訳:すいか時間)"ってなんだろうって感じだし "Boom ...
0 comments
Share
...

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!