ショートピース!仙台短篇映画祭2016

はっ……!! 書く!と意気込んでいたのに初っ端から放置してしまった……!
  普段割と引きこもりがちで最近は旅行もあんまり行っていない生活を送っていたので 9月初旬に大阪、そして中旬(17〜19日)の仙台という珍しく遠征が続きなんだかしばらくそわそわした落ち着きのない心持ちだった。
  が、さすがにめっきり季節も秋づいて落ち着いてきたので、 忘れないうちに仙台短篇映画祭について書こうと思います。
今回、仙台短篇映画祭の『新しい才能にであう』という2002年から行われている 公募ブログラムに『いとしいひと』を選出していただき、ゲストとして招待していただきました。
 初めての東北!そして初めての選出されての映画祭……!!
実行委員長の菅原さんから選出のお電話をいただいたときは 嬉しいのと、「やっと…!」という安堵感で思わず涙がこみ上げてしまった。
浮かれてはしゃいで、スタッフ、キャストみんな引き連れて行く妄想をしていたけれど みんな現場でてたり仕事だったりで、残念ながら結局ひとりで行くことに。
そんなこんなで、東北も初めてだし、3連休だし、ということで前乗りして 愛知から来てくれた母と合流し、石巻や仙台をぶらりと一緒に回りました。
そのことについてはまた別の機会に!
 初日は一人だったので、『SHARING』の篠崎監督や『昼も夜も』の塩田監督、 ディアスポリスの西ケ谷プロデューサー&音楽の渡邊琢磨さん、実行委員のみなさんに混じって 打ち上げに参加させてもらった。
美学校でも塩田さんとお話しする機会はなかったので、緊張しながら大好きな『害虫』のお話や もうすぐ公開のロマンポルノ『風に濡れた女』等のお話を聞けてとても嬉しかった。
そして上映日の19日、ゲストの田中 要次さん、同じ『新しい才能にであう』プログラム選出の 『IS THIS WHAT DEMOCRACY LOOKS LIKE?』の高畑鍬名・滝野弘仁監督、『だった人』の藤木裕介監督と一緒に 3作品の上映とトークセッション。
とにもかくにも人が入るのか心配で心配で、、開場前はハラハラしていたけれど、 たくさんの人が観に来てくださって、ほっと一安心。。
これまで試写でしか上映したことがなかったので、一番後ろの席で観客のみなさんと 一緒に自作を見ると、緊張と不安が入り混じりあんまり冷静には観られなかったけれど メディアテークのスタジオは上映設備が素晴らしくて、そんな環境でこうして多くの人と一緒に観れて 本当に嬉しかった。
一番最初の上映だったおかげもあり、次の2作品は構えずに観ることができて 短編映画ってこういう考え方、撮り方ができるんだなと純粋に楽しめたし勉強になった。
トークセッションは菅原さんの司会進行で、まずそれぞれの作品を選出した審査員の方への なぜその作品を推したのかという質問から始まった。
今年の仙台短篇映画祭は、多数決というよりは、全ての作品を観た3人の審査員の方が 絶対にこれを上映したいと思った作品を1作品ずつ選ぶ、という方法をとっているそう。   選出していただいた日野さんから、「繊細な心の機微が感じられて…」とまさにそこを感じてほしかった!!! というとても嬉しいコメントをいただいて、、何よりも一人の人がこの作品が好きだ!!と言ってもらえて 感激しました。ありがとうございます。
p1080989
  田中 要次さんから各作品や監督に対してコメントや質問をいただいたり、監督同士で質問を投げかけあったり…
上映前に時間いっぱいまでやらなくても、大体トークが落ち着くまで……という説明をもらっていたけれど、最初に田中さんがユーモア溢れるあたたかい空気を作ってくださったおかげで観客のみなさんから質問を受ける時間がほとんどなくなってしまうほど途切れなく続く、笑い溢れるトークセッションに!
上映後、たくさんの人に話しかけてもらい感想を貰えて、今までは不確かだった手応えを感じることができた。
そんな場面を母に見られているのが高校時代にライブを観に来てもらったとき以上に気恥ずかしくて なんだか素っ気なくしてしまった……!
母、ごめん。
そして次は田中要次監督の『ドラムマンz バチがもたらす予期せぬ出来事』を鑑賞。 あんまり言うとネタバレになるので控えるけれど、冒頭インタビューシーンの名古屋ローカル感が痺れました!   その後の交流会にも予想以上にたくさんの人が参加してくれて 観客と、作り手の垣根のない和気あいあいとした時間となった。
img_2979
  終了後は終電を控えた田中さんを引き止めて一杯ご一緒して、 ホテルにチェックインした後、同じプログラムのメンバーを中心に打ち上げへ! 翌朝新幹線に乗って帰路へ。祭りの終わった寂しさを感じながらそのまま出勤。。
img_2982
初めての映画祭が仙台短篇映画祭で本当に良かった!
実行委員のみなさま、手厚く迎えてくださりありがとうございました!
そして『いとしいひと』を観てくださったみなさんありがとうございました!!
また仙台に行けるように精進します。
一部の写真はWalkerplus宮城のゆーみんさんが撮ってくれました。

Comment

CAPTCHA


This post doesn't have any comment. Be the first one!

hide comments
Share
...

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!